本を読むなら、短期間で、大量に、と。そうしたいと、思っているけれど、なかなかむずかしい (∩´∀`)∩ハイッ

個人的に、毎日本を読むのはあまり良くない気がしています。どちらかと言うと、なにか身につけたいスキルとか知識に的を絞って、短期間で一気に読むべき、という感覚です。

これは個人差があると思うのでなんとも言えないのですが、本ばっかり読んでると、その本の範囲のことしか頭が使えなくなる気がするのです。

例えば、最近のアドテクノロジーのことを勉強しようと思って大量の本を読んだとします。でも、実は目の前の仕事で必要なのは、アドテクノロジーの分野じゃなかったとします。しかし不思議なもので、なぜかその仕事をアドテクノロジーでなんとかしようとしてしまうという暴挙に出ることがあります。

う~ん。

我ながら伝わりづらい。

つまるところ、脳みそが本の内容につられて、本来取るべき行動が取れなくなってしまう、ということです。Aという目的を解決するためにA'という回答を出さなきゃいけないのに、B'とかC'とかの回答を出してしまうというか…もうややこしくなるのでやめましょう。察してください。(説明が下手)

僕は脳科学の博士号をもってるわけでもなんでもないので本当にそうなのかどうかはわかりませんが、常日頃そう感じます。なので、本を読むときは期間を決めて、その期間のうちに一気に、大量に読みましょう。そのほうが無駄なことを考えないので、効率がいいです。

年末年始に本を読みすぎて脳みそがごちゃごちゃしているので、ちょっと反省している所存です。何日か前から脳みそクールダウン期間に入って、やっとブログが書ける状態になりましたとさ。

なんの話かちょっとよくわかりませんが、以上!
関連記事

0 Comments

Leave a comment